【SUUMOを使わない】個人の不動産営業マンにおすすめな集客方法

こんにちは。ひろポンプです!

正社員ではなく、一人社長やフルコミッションで不動産仲介をする営業マンが増えてきましたね。

しかし集客を会社の力に頼っていた分、個人でお客様を集めようと思ったらかなり苦労するはず…

  • 個人の不動産営業マンでも集客できる方法は?
  • SUUMOなどポータルサイトの掲載料が高い、、
  • 一人社長が集客で意識すべき点が知りたい。。

集客方法について、上記のような不満や疑問を抱く人もきっと多いのではないでしょうか?

そこで今回は、【SUUMOを使わない】個人の不動産営業マンにおすすめな集客方法というテーマで話を進めていきます。

この記事の筆者

賃貸仲介・賃貸管理・売買仲介など約5年の実務経験あり
宅地建物取引士・FP2級・簿記2級を保有しています
フリーランス宅建士として『ひろポンプ不動産』を運営中

個人として独立したばかりのタイミングでは、広告費にお金をかけられないですよね…

私はタイトルどおり、SUUMOを一切使わずに『ひろポンプ不動産』を運営しています。

5つの手法と個人の不動産営業マンが集客するときのポイントを解説していきましょう。

ぜひ最後までご覧ください。

個人の不動産営業マンにおすすめな集客方法5選

さっそく個人の不動産営業マンにおすすめな集客方法5選をご紹介します。

結論からいうと、下記のとおりです。

おすすめ集客方法5選
  • ホームページ:デジタル上の名刺
  • ブログ:お役立ち情報を発信する
  • X(Twitter):テキスト型のSNS
  • TikTok:ショート動画でバズろう
  • 紹介:文句なしコスト0の集客法

実は私も最初はSUUMO経由で集客しようと考えたのですが、予算オーバーで断念しました…

今回の5つは私が試行錯誤してたどり着いた集客法なので、ぜひ参考にしてみてください。

①ホームページ:デジタル上の名刺

1つ目は、ホームページです。

自分のホームページを作っておくことで、デジタル上での名刺の役割を果たします。

次のようなイメージで「どんな不動産会社なのか」をアピールしてみましょう。

お問い合わせ数のUPが期待できるだけでなく、自分の考えに賛同してくれるお客様が来てくれることに繋がります。

実はホームページは誰でも簡単に作れるので、下記の記事を参考にチャレンジしてください!

②ブログ:お役立ち情報を発信する

2つ目は、ブログです。

物件探しに関するお役立ち情報などを発信して、その記事を見た読者からお問い合わせを狙う集客方法。

以下のようなイメージでブログを載せると効果的です。

ブログ記事を書くのは大変ですが、一度書いてしまえば勝手に集客してくれる自動装置になります。

記事の内容は私の『ひろポンプ不動産』のブログを参考にしてみてください。

③X(旧Twitter):テキスト型のSNS

3つ目は、X(Twitter)です。

SNSの中でもテキスト型かつ拡散力があるX(Twitter)は特におすすめ!

具体例をお伝えすると、以前に下記のポスト(ツイート)をしたところ、

複数のフォロワーさんからリポスト(リツイート)をしてもらったおかげで、たくさんのお問い合わせをいただけました!

ブログと同じような感覚でX(Twitter)でも投稿していけば集客に困ることはなくなるでしょう。

④TikTok:ショート動画でバズろう

4つ目は、TikTokです。

ショート動画で物件を撮影して、投稿を見た視聴者さんからお問い合わせをもらうのが狙い。

具体例をあげると『RoomPa(ルムパ)』さんが最も有名でしょう。

いきなりハイクオリティな動画は難しいかもですが、何度も動画を作っていくうちに質が高いものが出来上がってくるはずです。

もっと詳しく

InstagramのリールやYouTubeショートに同じ動画を横流しするのもアリ!

ちなみに僕もTikTokをやっているので、もしよかったら参考までに。

>>『ひろポンプ』のTikTokを見る

⑤紹介:文句なしコスト0の集客法

5つ目は、紹介です。

「いや、それができたら苦労しないよ…」と思った人も少なくないですよね?

とはいえ、個人で不動産仲介をやっていくなら”紹介”は最優先で意識すべきです。

なぜならば、紹介は文句なしの広告費0で可能な集客法だから!

新しいお客様に販売するコストは、既存のお客様に販売するコストの約5倍かかると言われています。

サラリーマンとして会社の指示で仕事をしていないからこそ、目の前のお客様と一生付き合っていく気持ちでご案内していきましょう。

私の『ひろポンプ不動産』も基本的にご紹介だけで集客できてます!

一人社長の不動産会社が集客する際のポイント

ここまで不動産営業のおすすめ集客方法5選をご紹介してきました。

「なるほど!そしたらまず〇〇からやってみようかな!」と思っていただけたら嬉しいです!

さてここからは、一人社長の不動産会社が集客するときの注意点をお伝えしていきます。

ポイントを押さえているかどうかで、集客の結果も大きく変わってくるはず。

ぜひ最後までチェックしてから、集客に取り組んでいきましょう。

規模が小さいうちは広告費をかけ過ぎない

個人で不動産仲介業をやる上で、最も大切な考え方があります。

それはズバリ、規模が小さいうちは広告費をかけ過ぎないこと。

従業員が多い会社であれば、広告費にお金をかけてもダメージが少なく回収もしやすいです。

しかし一人社長の状態で高い経費をかけると、一瞬で資金ショートしてしまう可能性も…

また仮に広告がうまくいったとしても、個人だけでは対応しきれず、せっかくかけた費用が無駄になることも考えられます。

大前提として、個人で不動産営業をやるのであれば、スモールスタートを心がけましょう。

自分で集客が無理なら業務委託の力を借りろ

おすすめの集客方法をご紹介しましたが、一人だとサイトやSNSの運用まで手が回らないケースも多いかもしれません。

もし自分のリソースだけで集客が難しいなら、業務委託の力を借りるべきです。

フルコミの求人を出している不動産会社と業務委託契約を結び、集客力だけ間借りするイメージでOK。

フルコミ仲介エージェントを募集しているおすすめの不動産会社は別の記事でまとめています!

SUUMOを使わずに資産を貯めていく時代に

今回は王道であるSUUMOなどのポータルサイトを使った集客方法をあえて外しました。

理由は、これからSUUMOを使わずに資産を貯めていく時代に突入していくからです。

資産とは以下のようなコンテンツを指しています。

資産となるコンテンツ一覧
  • 読者の悩みを解決するブログ記事
  • TikTokに投稿してたショート動画
  • ポストで獲得したXのフォロワー

SUUMOやathomeは広告費を支払う1回きりで効果が0に戻ってしまう…

その一方で資産となるコンテンツを作り上げていけば、集客力も確実に積み上がっていきます。

今後は会社に属さずに、個人で不動産仲介を仕事にする営業マンが急増していくに違いありません。

新時代に備えるためにも、今から資産づくりをスタートさせましょう!

以上です。

個人の不動産営業マンにおすすめな集客方法と意識すべきポイントを余すことなくお伝えできました。

私も『ひろポンプ不動産』を一人で運営している身なので、一緒に集客に困らない仕組みを作っていきましょう。

ちなみにInstagramでも不動産営業の新しい働き方を発信しています!

>>『ひろポンプ不動産』のインスタを見る

それではまたどこかで(⌒▽⌒)

この記事を書いた人

ひろポンプ

宅建×不動産エージェンスクール「RENFREE」を運営